HUMAN/CODE ENSEMBLE

ARTISTS

Message

デジタルと共鳴する古楽器が質量への憧憬を惹起する

フォルテピアノ奏者の小川加恵に誘われてこのアンサンブルは始まった. 小川から伝えられたのは自分のいくつかの平面作品のモチーフだった. 以前ライカで行った個展「情念との反芻」の際にオールドレンズで滲むように撮影したいくつかのイメージ. それを自分はデジタル解像度で取りこぼしたものを拾い集める試みと述べたが, デジタルの自然に近づくこの世界にとって人間性の営みとは何かという問いを表現の中に自分は常に込め続けている.
人とコード, 計算機と人間のアンサンブル, 新しい自然と新しい人の新しいアンサンブルとは何か考え続けている. JCRリックライダーが人間とコンピュータの共生をテーマに論文「Man-Computer Symbiosis」を書いたのは1960年のことだった. その後も人とコンピュータの共生は続き, インターネットの発達以後, コンピュータは人の社会性を維持するための環境要因として現代の人類に必要不可欠なものになっている. 計算機は遍在し, 同時に人の身体もデジタルに変換され, 今この世界に遍在しうる.
遍在する身体性, そして計算機と自然を考えているうちにパフォーマンスそれ自体に興味を持った. 自分は自分の身体的運動にあまり自信を見出せない. 幼少の頃から繰り返しのリズム反復が苦手でその上, 音階を当てたりするソルフェージュが苦手なことを自覚している. しかしながら, 近年の計算機技術の発展はそれの欠点を補う程度に技術的発展を遂げている. 高速フーリエ変換のビジュアライザーはリアルタイムに波形を染め上げて楽曲のリアルタイム変化を教えてくれるし, 楽曲のキーを当てたりビートやテンポと同期させることは計算機技術の最も得意とするところかもしれない.
デジタルデータに変換し得ないものはないのかもしれない. より物質的な感覚, 例えば触覚とか味覚とか嗅覚にしても時間の洗礼を受ければ, やがては変換されていくのだろう. 聴覚や視覚は言わずもがな, デジタル技術の恩恵を受けて, その解像度やダイナミックレンジ, 表現力は日進月歩の進歩を遂げている. その時代において, 解像度が取りこぼしたものやダイナミックレンジから逸脱したものとはなんだろうか. 自分はそれを物質・質量同士のインタラクションになぞらえて「質量への憧憬」と呼んでいる. もともと光線空間における材質表現の研究をしていたからか, 物質それ自体の入出力に関する表現について興味があり, 光の反射にも音の反響にも物質特有の変換器が存在するような感覚でこの世界を眺めている. 物質と物質の出会いは複雑で, 近似計算の域を出ることは難しい. ナムジュンパイクのようにバイオリンを叩き割る芸術家もいれば, ジミ・ヘンドリックスのようにエレキギターに火をつける芸術家もいるのである. シミュレーションを使い分けるのは難しいし, アーティストの行動は解像度やダイナミックレンジの枠を飛び越えて多彩な表現をなしえる. そんな質量への憧憬をもたらす何かが音楽家の周囲には常に気配・可能性として漂っている.
小川・ステラーク・藤倉(それぞれ敬称略)とのコラボレーションはメディア芸術家で計算機科学者の自分に常に新しい視座を自分に与えてくれる. 小川は古典楽器のインターフェースとしての多様さや音響装置としての味わい深さ, まさに質量の憧憬の権化たるフォルテピアノの構造や息吹を感じさせる演奏で空間に異彩の存在感を示す. ステラークはその身体性を通じて時間と空間を調和させ, 人間の造られた人間観を打ち崩しながら, 我々の社会性に常に新しい直達を与えてくれる. 藤倉は古楽器に新しいインスピレーションを与えるようなスコアを書き上げ, そのイマジネーションを小川の身体を通じて発揮している. 素晴らしい三方の才能とそれを実現するスタッフに囲まれ, 自分のなせることとは何かと考え続けている. 自分はその中でより音楽的な映像や映像的な音楽, 身体的な空間を接合し止揚し取りまとめるのが役割なのだろうと考えている. 自分はノミと金槌の代わりにフラッシュとカメラを用いて光を彫刻し, 音の代わりに光が出る楽器を用いて, 彫刻的身体性を操作しているのだと考えるとアンサンブル楽器の一つを担当しているとも考えることができるかもしれない. その点で四人で生み出すカルテットは, −−いやステージの上ではそれよりも少人数もしくは一人である−−だからこそ没入や豊かな共感覚を惹起するものになるのではないかと思う.
古楽器と身体とメディアアート, デジタルの解像度やダイナミックレンジからこぼれ落ちたものとは何かを探り続ける試みは, コンピュータサイエンスのバックグラウンドを持つ自分にとってある種のダダイズムとニヒリズムに近いものがある. それでも自分はオールドレンズで写真や映像を撮り続けるし, 質量性のある作品を産み続けると思う. 表現のどの断片を見ても質量性や身体性を惹起するような, そんな曼荼羅のような表現に帰結することができたならそれは僥倖だ. そんなアンサンブルを目指したい.

ARTIST PROFILE

落合陽一

メディアアーティスト. 1987年生まれ. 2010年ごろより作家活動を始める. 境界領域における物化や変換, 質量への憧憬をモチーフに作品を展開. 筑波大学准教授, 京都市立芸術大学客員教授, 大阪芸術大学客員教授, デジタルハリウッド大学特任教授, 金沢美術工芸大学客員教授. 2020年度, 2021年度文化庁文化交流使, 2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)テーマ事業プロデューサーなどを歴任. 写真集「質量への憧憬(amana・2019)」NFT作品「Re-Digitalization of Waves(foundation・2021)」など. 2016年PrixArsElectronica栄誉賞, EUより STARTSPrize を受賞, 2019SXSWCreativeExperienceARROWAwards受賞, Apollo Magazine 40 UNDER 40 ART andTECH, Asia Digital Art Award優秀賞, 文化庁メディア芸術祭アート部門審査委員会推薦作品多数.
主な個展として「Image and Matter(マレーシア・2016)」, 「質量への憧憬(東京・2019)」, 「情念との反芻(ライカプロフェッショナルストア銀座・2019)」, 「未知への追憶(渋谷マルイMODI・2020)」, 「物化-Transformation of Material Things-(香港アーツセンター・2021)」, など。常設展として, 「計算機と自然、計算機の自然(日本科学未来館・2019)」, その他の展示として、SIGGRAPH Art Gallery, ArsElectronica Festical, Media Ambition Tokyo, AI More Than Human(バービカンセンター、イギリス・2019), おさなごころを、きみに(東京都現代美術館・日本, 2020), 北九州未来創造芸術祭 ART for SDGs (北九州市立いのちのたび博物館・日本, 2021), Study:大阪関西国際芸術祭(大阪・日本, 2022)など多数出展. 『New JapanIslands 2019・2020』エグゼクティブディレクターや「落合陽一×日本フィルプロジェクト」, 「SEKAI NO OWARI at TIMM@ZeppDiverCity東京」などの演出を務め, さまざまな分野とのコラボレーションも手かげる.

https://yoichiochiai.com/

小川加恵

東京藝術大学古楽科修士課程フォルテピアノ専攻修了。オランダ、デン・ハーグ王立音楽院修士課程フォルテピアノ科修了。国内外にてソリスト、アンサンブル奏者として活躍。ユトレヒト古楽 音楽祭(オランダ)、バルセロナ古楽音楽祭(スペイン)、サント古楽音楽祭(フランス)、アントワープ古楽音楽祭(ベルギー)など、ヨーロッパの主要な古楽音楽祭に招聘されている。第16回ファン•ワセナール国際古楽コンクール(オランダ)第1位受賞。日本国内におけるオリジナル楽器による室内楽の普及に積極的に努め、これまでに日本各地の主要コンサートホールによる主催公演に多数出演。
第8回浜松国際ピアノコンクールにおいては関連事業として、レクチャー及び室内楽公演を行った。また、国立音楽大学音楽研究所「楽譜を読むチカラ」プロ ジェクトにて講師を務めたほか、第 31 回山梨国際古楽コンクールにて審査員を務めた。その他、テレビ朝日「題名のない音楽会」やNHK-BSプレミアム「クラシック倶楽部」にてデンハーグピアノ五重奏団演奏会〜古楽器で聴く19世紀の響き〜が放送されるなど、メディアへの出演も多数。
2021年9月、アーリーミュージックエンタープライズ株式会社代表取締役に就任。第1回ぎふクラシックフェスティバルを企画、開催するなど若手の育成、新しいクラシック音楽事業の企画、プロデュースにも携わっている。

https://www.kaeogawa.com

Stelarc(ステラーク)

オーストラリア出身のパフォーマンスアーティスト。1970年代より19年程日本に居住し活動。
身体の具現化と媒介、アイデンティティ、ポストヒューマン等の問題を問うような、新たな解剖学的構造を模索するパフォーマンス作品やプロジェクトを展開している。
また、バイオテクノロジー、メディカル・イメージング、人工物やロボット工学等を包括するようなパフォーマンス作品を50年以上に渡り制作している。
1973年~1975年、自身の体の内部を撮影した映像3作品を制作。1976年~1988年の間で、27回に渡る「サスペンション Suspension」(自らの皮膚に針金で身体を釣り上げるパフォーマンス)を実施した。また、「第三の手 Third Hand」、「ストマック彫刻 Stomach Sculpture」、六足歩行ロボット「外骨格 Exoskeleton」等の作品を用いてパフォーマンスを展開。「Fractal Flesh」「Ping Body」「Parasite」はインターネットとつなげ、筋肉刺激のシステムを介した遠隔かつ不随意のコレオグラフィーを探索するパフォーマンスである。
また、現在進行形で、インターネットへの接続を可能とする電子拡張された「エクストラな耳 Extra Ear」を自身の腕に幹細胞を埋め込み外科的に構築している。(2010年にプリ・アルスエレクトロニカ、ハイブリッドアート部門のゴールデンニカ(最優秀賞)を受賞。)2020年、オーストラリアのアデレード・ビエンナーレでは、オンラインでのユーザーインタラクションを伴う、直径9M×高さ4Mの「Reclining Stickman」のパフォーマンスと展示を行った。

http://stelarc.org/

藤倉 大

大阪生まれ。15歳で単身渡英しベンジャミンらに師事。数々の作曲賞を受賞、国際的な委嘱を手掛ける。15年にシャンゼリゼ劇場、ローザンヌ歌劇場、リール歌劇場の共同委嘱によるオペラ《ソラリス》を世界初演。19年に尾高賞、文化庁芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。20年にオペラ《アルマゲドンの夢》を新国立劇場で世界初演。数々の音楽誌において、その年のオペラ上演におけるベストに選出された。近年の活動は多岐に渡り、リモート演奏のための作品の発表や、テレビ番組の作曲依頼も多数。録音はソニー・ミュージックジャパンインターナショナルや自身が主宰するMinabel Recordsから、楽譜はリコルディ・ベルリンから出版されている。

https://www.daifujikura.com/

2022.11/
3(木)・4(金)

神奈川県立音楽堂

チケット購入はこちら